【新人さん必見!】再生されるYoutubeサムネイルの作り方

この記事を読んで欲しい人

  • サムネ作りに自信がない方
  • チャンネル登録以前にそもそも再生数があまり伸びていないと感じている方
  • 準備中、新人の活動者さん

この記事でわかること

  • まず再生してもらうことを目的としたサムネイルの作り方

これからYoutube活動をしようと考えている方や既に活動を始めてみた方が最初に当たる壁が「再生数」です。

「チャンネル登録してもらいたいけど、そもそも動画を見てもらえていない」
「毎回再生数が二桁止まりで一向に伸びる気配がない」「自分って向いてないのかな?」
そんな風に悩んでしまう方も少なくないと思います。

でもそう考えるのはきっとまだ早いです!
伸びている活動者さんのYoutubeサムネイルにはいくつかの共通点があります。

仕事柄、沢山のサムネイルを作ってきたデザイナーがYoutubeのサムネイル作りの基礎について解説します。

この記事では「解説している内容の考え方」「ポイント(要点)」をどちらも掲載しています!
「考え方までじっくり知りたい方は全文」「要点だけ知りたい方はポイントのみ」ご確認頂くことをお勧めします✨

Youtubeのサムネイルを見る人はどんな人?

あなたの配信や動画のサムネイルを見る可能性がある人は、大きく分けて2種類の層に分かれます。

①既にあなたのことを知っている人(顕在顧客)
②まだあなたのことを知らない人(潜在顧客)

特定の層に「より刺さる」サムネイルの作り方もありますが、この記事では顕在顧客と潜在顧客両方に「再生してもらえるYoutubeサムネイルの作り方」を解説していきます!

あなたのサムネイルは
①既にあなたのことを知っている人(顕在顧客)
②まだあなたのことを知らない人(潜在顧客)
のどちらからも見られる可能性があります

サムネイルの役割

サムネイルはYoutubeの配信・動画を視聴するかどうか?に大きく影響を与える、例えるなら「お店の入り口」のようなものです。

もしお店の入り口が散らかっていたり看板がなかったりしたら、ちょっとそのお店に入るのは躊躇してしまいませんか?(何屋さんか一目で分からないお店、怖いですし…)

それと同じで、サムネイルの質が悪いとせっかくコンテンツの質が高くても「見てみよう!」という気持ちに繋がらないんです。

配信や動画の視聴を左右するのはもちろんサムネイルだけではありません。
しかし「見てみよう!(お店に入ってみよう)」という気持ちを促進する大きな役割を担っているのがYoutubeのサムネイルなんです。

Youtubeのサムネイルは配信や動画を「見てみよう!」という気持ちを促進させる役割を担っています

どんなサムネイルなら見てもらえるか

ここまで前提条件について書いてきましたが、つまりYoutubeのサムネイルは「あなたのことを知っている人も知らない人も見てみようと思える」ものである必要があるんです。

「一見さんお断り」のスタンスで活動しているなら別ですが、基本的には「誰が見ても本編を見てみたいと思える」ものとして作る必要があります。

となると、どんなサムネイルにする必要があるでしょうか?

ここで役に立つのは先ほどの「お店」の例えになります。
あなたが買い物をしている途中、こんなお店を見つけたらどう思いますか?

  • 看板が読めない(文字が読みづらい、小さい等)
  • 看板がそもそもない(何をしているか分からない)
  • お店で取り扱っている商品がぱっと見て分からない(その店の商品・売りが分からない)
  • お店で取り扱っている商品と外観の世界観がかみ合っていない(世界観が統一されていない)
  • お店の入り口が汚い(デザインが散らかっている)

こういうお店はちょっと入りにくかったり、別に入らなくてもいいかな~って思っちゃいませんか?目にも留めず素通りする人もいるかもしれませんね。
何を買えるのか分からなくてあまり見映えのしないお店にわざわざ足を踏み入れる人は少ないはずです。

それでは逆に、こんなお店ならどうでしょうか。

  • 看板が見やすい、普通に読める
  • 看板を見て何を売っているお店かすぐ分かる
  • お店で取り扱っている商品が一目で分かる
  • お店で取り扱っている商品に合わせた世界観の外観をしている
  • お店の入り口が小綺麗

もし初めて見かけたお店でも「まぁ入ってみるか」って覗いてみる気にはなるんじゃないでしょうか?


実際に入店するきっかけとして他の要素の影響もあるかもしれませんが、これらはお店に「まぁ入ってみるか」って思える最低限のラインだと思います。

Youtubeのサムネイルも同じなんです!
沢山のサムネイルを前にウィンドウショッピングをしているのは「視聴者さん」です。

  • サムネイルの文字が見やすく、問題なく読める
  • サムネイルを見れば何をしている動画・配信なのかすぐ分かる
  • 動画・配信の売りが一目で分かる
  • 動画・配信の内容に合わせた世界観のデザインをしている
  • デザインが小綺麗

こういった条件を満たしているサムネであれば、視聴者さんは「おや、とりあえず見てみようかな」と思えます。

デザインが特別優れているように見えないのに伸びている動画はサムネイルが分かりやすいんです!


たとえ企画の内容や本編がどんなに面白くても、見る人が「まだあなたのことを知らない人(潜在顧客)」であればなおさら、動画を見るかどうかをサムネイルだけで判断されてしまいます。

なので、まずはこの5点を押さえることを目標に制作しましょう。

視聴者さんに「見ようかな」と思ってもらうために最低限押さえておきたいサムネイルの条件

サムネイルの文字が見やすく、問題なく読める
②サムネイルを見て何をしている動画・配信なのかすぐ分かる
③動画・配信の内容や売りを伝える
➃動画・配信の内容に合わせた世界観のデザインをしている
デザインが小綺麗

再生されるサムネイルの作り方

効果的なサムネイルを作るために、意識すべきポイント5つを解説させて頂きました。
この項ではその5つの項目を改善する方法や具体例をご紹介していきます。

①サムネの文字を見やすくするには?

文字サイズは大きく

悪い例と良い例

サムネイルは一覧表示になった時に作った実寸よりも縮小されてしまいます。
また、スマホやタブレットなどの端末で閲覧する場合はPCで見るよりも小さいサイズで掲載されます。

なので、ちょっとやりすぎかな?と思うくらい大胆に大きくするくらいがちょうどいいかもしれません。

フォントにもよりますが、1920×1080pxのサムネイルに載せるメインのテキストであれば、最低でも1文字200px以上くらいを私は目安にしています。

このフォントサイズより大きくしようとすれば、自然と掲載する文字数も限られるので簡潔な言葉選びになるのでおすすめです!
1文はなるべく短く、要点を押さえたテキストにしましょう。

・1920×1080pxのサムネイルに載せるメインテキストであれば、最低でも1文字200px以上が望ましいです

1文はなるべく短く、要点を押さえたテキストにしましょう。


フォントは見やすいフォントを

悪い例と良い例

どんなに素敵なフォントでも、文字が読めなかったら残念ながら意味がありません
私自身あるあるですが、自分の中でどんなにすっっっっっっごくかわいい!と思ったフォントでも、読みづらかったら意味がないんです。

また、文字の太さにも注意です!
細いフォントは可読性が低いのでサムネイルには向いていません(装飾や読ませる必要のない箇所ならOK)

サムネイルに使うフォントは「太字で読みやすいフォント」を意識して選びましょう〇

サムネイルに使うフォントは「太字で読みやすいフォント」を使いましょう!

細いフォントは可読性が低いのでサムネイルには向いていません


情報を詰め込みすぎない

悪い例と良い例

情報を詰め込みすぎるのも視認性を損なう原因になります。
全てをサムネイルに掲載する必要はないので、サムネは最低限伝えたい情報に絞りましょう。
掲載する文字は短く簡潔に!キーワードを2,3盛り込むとして、1キーワードは10文字以内に収めるようにしましょう。

イラストは、それが動画や配信のメインの内容である場合は別ですが、装飾や補足情報としてのイラストであれば沢山入れると却ってごちゃごちゃしてしまいます。
視線誘導や世界観を表現する役割のイラストなら1,2点以内に抑えた方が良いです。

全ての情報をサムネイルに掲載する必要はありません。一番知っておいて欲しい必要な情報に絞りましょう

掲載する文字は短く簡潔に!1キーワードは10文字以内が目安


視線誘導や世界観の表現に使いたいイラストは1,2点以内が望ましいです

②何をしているかすぐ分かるようにするには?

適切なキーワードを入れる

悪い例と良い例

その動画・配信で「何をする」かを端的に表現するキーワードを必ず入れましょう。
というのも、一覧表示をした際に1動画ずつタイトルをじっくり見てくれる人は少ないからです。

もっと魅力的に見せるのならば、例えばASMRなら「ASMR」の他にも「安眠」や「癒される」などのベネフィット(見た人が得られる利益)を感じさせるワードを入れるとより再生意欲に繋がります。


雑談配信ならさっくりでいいのでトークテーマまで書いている方が興味に繋がりやすいですよ〇

「何をする」かを端的に表現するキーワードを必ず入れましょう


ベネフィット(見た人が得られる利益)を感じさせるワードを入れましょう


動画の内容に関連する画像を入れる

全てを文字情報で表現するのではなく、画像を適切に使うことも大切です。

ゲームの実況や配信であればそのゲームのプレイ画面、特定の商品に関する雑談であればその商品を入れるなど、文章で伝えにくい印象は「目で見て分かる」ように画像を使った方が良いですよ〇

ただし著作権の問題があるので、ゲームロゴやゲームのプレイ画面は必ず権利元のガイドラインなどを確認してから使用しましょう。

文章で伝えにくい印象は「目で見て分かる」ように画像を使った方が良いです


・著作権の問題があるので、ゲームロゴやゲームのプレイ画面は必ず権利元のガイドラインなどを確認しましょう

③動画・配信の内容や売りを伝えるには?

良いところ・見どころを要点でアピールする

例えば「眠くなるまでみんなとまったりお話したい枠」はとてもかわいくキャラクター性の表現にはぴったりですが、再生数を増やしたい新人さんのサムネイルのテキストにはあまり推奨できません。

「雑談配信」「まったり」のように自分のコンテンツの内容を端的に表現した方が、自分のことを知らない人にも「既存のジャンル」として伝わりやすく、興味を持ってもらえるんです!

一見の視聴者さんは残念ながら1つ1つのサムネイルをそこまでじっくり見ていません。

お店で例えるなら、ただ「ラーメン」としか看板に書いていないラーメン屋さんより「当店の人気NO1メニューは濃厚塩とんこつ!」と書いてある方がとんこつラーメン好きの足を止めるきっかけになります。

コンテンツ内容を端的に表現した方が自分のことを知らない人にも「既存のジャンル」として伝わりやすく、興味を持ってもらえます

・一見の視聴者さんは1つ1つのサムネイルをそこまでじっくり見ていません

せっかく作りこんだ素敵なコンテンツの「良いところ・見どころ」はしっかりサムネイルでもアピールしちゃいましょう!

➃動画・配信の内容に合った世界観のデザインにするには?

「一般的な印象」から乖離させない

「癒しのASMR」動画なのに血みどろのホラーテイストだと、癒しを求めて動画を探してる方はあまり再生してくれないかもしれません…(珍しすぎて怖いもの見たさで見てしまうかもしれませんが…)


活動者さん自身の色もあるので一概には言えませんが、動画内容から連想する「一般的な印象」からかけ離れないように注意しましょう!

動画内容から連想する「一般的な印象」からかけ離れないように注意しましょう!


もう定着・浸透しているものから探す

自分の出す動画・配信に合った世界観のサムネイルが分からない場合は、競合の活動者さんのサムネイルを参考にしてみましょう!
既に伸びている人のデザインテイストは、そのジャンルの「一般的な印象」として定着・浸透している場合が多いです。

・既に伸びている人のデザインテイストは、そのジャンルの「一般的な印象」として定着・浸透している場合が多いので競合の活動者さんを参考にしてみましょう

困ったら大先輩たちの真似をしちゃいましょう!

⑤デザインを小綺麗に見せるには?

ごちゃごちゃさせない

デザインセンスに自信のない方が手っ取り早くサムネを小綺麗に見せる方法があります。
それが「ごちゃごちゃさせない」ことです。

ごちゃごちゃする原因はいくつかありますが、大きく分けると「情報量の多さ」「使用する色の多さ」がごちゃごちゃして見える原因です。デザインは足し算より引き算を考えた方が効果的な場面が多いです。

「情報量の多さ」は画面の中に入れるコンテンツの量を少なくするだけで解決します!
具体的には下の目安値を参考にするとバランスよくまとまります。

■文字・キーワード
1~3ワード程度、全テキストの合計は15~20字以内

■イラストや画像
背景は1種類
立ち絵や装飾用であれば文字とのバランスを見ながら多くても3点程度まで ※コラボ配信などは除く

■その他の装飾
内容にかかわらず、サムネ全体の10%以下(テキストやイラストなどのメイン情報を邪魔しないために)

ただし、必要な情報を削りすぎると「何をしているのか分からない」サムネイルになってしまうので、重要度の高いキーワードを絞り込んでいくことが大切です!

・デザインセンスに自信のない方が手っ取り早くサムネを小綺麗に見せるならごちゃごちゃさせないことを意識しましょう

デザインは足し算より引き算を考えた方が効果的

最後に

今回は、「再生してもらえるサムネイル作り」の基礎をご紹介しました。


これはあくまでマーケティング的な視点での基礎的な内容なので、デザインに関する実践的な内容はまた別の記事で解説したいと思います!

この記事が、再生数で伸び悩んだりサムネ作りで困っている方のお役に立てたら幸いです!

この記事を書いた人

清涼院ラムネ

商用利用可能なフリー素材サイト「ラムネマテリアル」を運営しています。Twitterでは週3~4ペースで新規素材を更新中!